チンコを大きくする方法

【チンコを大きくするシトルリンは効果なし!?】摂取量や副作用についても解説!

シトルリンにはチンコを大きくする効果なし!は本当なんじゃろうか?

 

結論から言えば、シトルリンの効果には「勃たないチンコ」に対して、かなりのチンコを大きくする効果が見込める。

 

  • 肝心な時に、立ってくれない
  • 中折れしてしまった
  • 硬さや持続力などをアップさせたい
  • チンコを大きくしたい

 

もしおぬしがこの様な悩みを持っているなら、シトルリンの効果を利用してみてはいかがなものかの?

 

そこで、今回はチンコを大きくするシトルリンの効果について詳しく紹介してみたので、是非最後まで見てほしいぞ。

 

他にも、シトルリンの効果だけでなく、摂取量や副作用についても詳しくまとめておるので、勃たないチンコに悩んでいる男性諸君はぜひ参考にしてみるのじゃ!

シトルリンの効果は「血管を拡げ血の巡りを良くする」こと。それによってチンコを大きくできる。

シトルリンはチンコを大きくするだけでなく、様々な効果が期待できる。

 

その中には次のような効果が見込めるのじゃ。

 

  • 精力アップ
  • 勃起力アップ
  • チンコを大きくするペニス増大
  • 筋肉増強
  • 疲労回復

 

勃たないチンコ改善には、これらシトルリンの効果が重要じゃ。

 

では、実際にチンコを大きくするシトルリンの効果をそれぞれ詳しく紹介していくから、しっかりと頭の中に入れておくのじゃぞ。

シトルリンの効果その1 勃起力・精力アップ

チンコを大きくするシトルリンの効果には、勃たないチンコで悩みがちな、「勃起力」と「精力アップ」が見込めるじゃろう。

 

シトルリンを摂取すると、体内で「アルギニン」といった物質に変換されるのじゃ。

【チンコを大きくするならアルギニンが効果あり!?】副作用や一日の摂取量まで解説!この記事ではチンコを大きくするのに効果的な「アルギニン」について解説しておる。「勃たないチンコ」に悩んでおるなら、ぜひアルギニンを摂取してチンコをお菊することに繋げるんじゃ。アルギニンの効果や副作用についても解説しておるので、しっかりと読んでもらいたい内容じゃ。...

 

それから、またシトルリンに変換されるといったサイクルを繰り返し、この過程の中で「一酸化窒素」が作り出される。

 

この一酸化窒素には、血管を拡げる働きがあるから、血液の流れを良くしてくれる作用があるんじゃ。

 

血液の流れが良くなると、同時に勃起力もアップするので、一酸化窒素は勃起には欠かせない物質となっておる。

 

さらにシトルリンの効果には、「脳下垂体」という部分を刺激して「成長ホルモン」の分泌を促がしてくれる、といったものまである優れものじゃ。

 

そこから、「男性ホルモン」である「テストステロン」が分泌されることによって、性欲向上や精子・精液の生成などの生殖機能に効果が見込める。

 

結果的にシトルリンの効果はテストステロンが増えることによって、より一層精力アップにもつながるといった訳なんじゃな。

シトルリンの効果その2 チンコを大きくするペニス増大

上記の勃起力アップと同じ効果となるのじゃが、シトルリンの効果にはチンコを大きくするペニス増大にもつながるんじゃ。

 

チンコを大きくするのに重要なのは、どれだけ「海綿体」に流れ込む【血液の量を増やすことができるかどうか?】にかかっている。

 

海綿体とはペニス内部のスポンジ状の勃起性組織となり、チンコが大きくなった時にはこの【海綿体のほとんどが血液で占められる】ことになっておる。

 

じゃから、結果的にはシトルリンの効果で海綿体の血管を太くすることによって、チンコが大きくなるペニス増大につながるんじゃな。

 

シトルリンの効果は、血管を広げる作用とそれによって血の巡りが良くなることが挙げられ、海綿体に流れ込む血液の量を増やすことでチンコを大きくする効果を最大限まで生み出すんじゃ。

シトルリンの効果その2 筋肉増強・疲労回復

シトルリンの効果には、勃起力やチンコを大きくする以外にも「筋肉増強」や「疲労回復」に効果が見込める。

 

なぜシトルリンの効果で筋肉増強するかというと、血管を拡げる作用と血の巡りを良くする作用によって、筋肉に必要なタンパク質や酸素の巡りを良くしてくれるからなんじゃ。

 

他にも、疲労回復の効果ではシトルリンの効果によって血管を拡げてくれるので、乳酸などを効率的に体の外に排出することが可能となっておる。

 

そのため、疲れが溜まりにくく効率的に疲労回復ができるといった訳なんじゃ。

 

同時にタンパク質の分解過程で多く発生する「アンモニア」が疲労を溜めこんでしまうのじゃが、シトルリンの効果には【アンモニアを尿素に変換して、おしっことして排出されやすくする】働きもあるから、さらに疲労回復につながっていくんじゃな。

チンコを大きくするシトルリンの副作用は、「過剰摂取」で引き起こされる可能性がある

最後に【シトルリンに副作用はあるのかどうか?】を詳しく説明しておこう。

 

結論から言わせてもらうと、シトルリンには基本的に副作用は少ないんじゃが、「過剰に摂取」してしまうと体調を崩してしまう場合があるので注意が必要じゃ。

 

また日頃からお薬を多用している場合は、かかりつけの担当医にしっかりと相談して服用することをおすすめするぞ。

 

中には、シトルリンの副作用を起こしたケースがあるので、そちらも紹介しておこう。

シトルリンの副作用ケース1 過剰摂取

シトルリンは、少々多めに服用したところで「副作用が出た」といった報告はあまりない。

 

じゃが、過去の実験データで「8,000mgのシトルリンを服用した所、被験者の14.63%が腹痛を感じた」という報告があったようじゃ。

参考文献:PubMed

 

実際にはこれほどのシトルリンを服用することはまずないと思われるが、このような腹痛を味わいたくなければ、しっかりと推奨摂取量を守ったうえで服用するといいじゃろう。

シトルリンの副作用ケース2 シトルリン血症

シトルリンの副作用で起こる「シトルリン血症」とは、アンモニアを尿素に変える尿路回路がうまく機能しなくなり、シトルリンが異常に高くなってしまう病気じゃぞ。

 

この病気の方が、シトルリンを服用して効果を得てしまうと、次のような症状が現れやすい。

 

  • 嘔吐
  • 昏睡
  • 痙攣
  • 多呼吸
  • 異常行動
  • 意識障害

 

これだけの症状が現れる可能性があるので、病院でシトルリン血症の診断がついている場合には、かかりつけの医者に相談することが必要じゃな。

 

ちなみにシトルリン血症は日本で6,000人前後存在するので、もしシトルリンの副作用で具合が悪くなった時も、すぐにかかりつけの医者に診てもらうようにしておくことが重要じゃ。

チンコを大きくするシトルリン1日の摂取量は800mg

シトルリンの効果を詳しく把握したうえで、次は摂取量について説明しておくぞ。

シトルリンには目安となる摂取量は決まってないのじゃが、基本的には1日に800mgを推奨しておるのじゃ!

じゃが、実際には服用するサプリメントなどの用法用量を守ったうえで服用することが一番重要といえるじゃろう。

みなもしっかりと用法用量に注意してくれ!

チンコを大きくするシトルリンの効果まとめ

シトルリンの効果について、副作用や摂取量についてまで幅広く紹介してみたが、いかがじゃったかの?

シトルリンの効果自体には勃たないチンコにとても効果的なものが沢山あり、副作用や一日の摂取量についても詳しく学習してくれたのではないじゃろうか。

もしあなたが勃たないチンコについて悩んでおるのであれば、シトルリンの効果をぜひ試してみてはいかがじゃろうか?

では、健闘を祈っておるぞ!